ホーム>生食をオススメする理由

生食をオススメする理由

だから生食をオススメしています。

生食をオススメする理由

ベルクが考える、犬にとって理想の食事はズバリ!穀物不使用の生食です!

生食

まず初めに最も関心をお持ちいただきたいことは『人間と犬では食性・消化機能が大きく違う』ということです。

人間は狩りをするよりも効率や保存性を考え、穀物などを育て、加熱などの調理された食事で進化してきた雑食性の動物です。

犬はそんな人間と共に暮らしてきたからこそ、現在は雑食傾向にありますが、本来の食性は限りなく肉食寄りです。猫にいたっては完全に肉食です。“ペット”として人間と共存してきた歴史より、狩りをして新鮮な獲物を捕食して進化してきた歴史の方がはるかに長いため消化器官そのものが肉食、しかも新鮮な生の状態で食べるということにとても適した状態に発達してきたのです。
 

また、犬や猫の消化器官は、肉食獣特有のもので腸が短く、穀物などの炭水化物の消化は苦手です。
しかし『えぇ?生!?大丈夫?』とか『お腹壊さないの?菌とかもいてそう…』とご心配の方も多いでしょう。
確かにそう思われて当然です。食べるのが人間ならば、ですが。

上記のとおり、生肉食で進化した犬や猫は人間のように自分で火を使って加熱滅菌して食事をしません。狩りをしなくなった人間は保存の効く穀物やお肉であれば少し鮮度が落ちても加熱滅菌することで対応しました。穀物を消化するため、人間の腸は約8mもの長さがあるといわれています。さらに草食動物である牛はといえば、約40m!そして、肝心の犬は、大型の犬種であっても3mほどしかありません。小型犬ならもっと短いのです。もちろん、お肉自体が新鮮であることが重要ですが、少々の菌なら私たち人間より胃酸も強く腸も短いため、悪さをされるよりも体外に素早く排出するシステムが犬には備わっています。

 

犬や猫にとって熱加工した食材はむしろ消化されにくく、本当に必要な栄養は加熱により失われる

犬や猫にとって熱加工した食材はむしろ消化されにくく、腸内でガスが発生したり腐敗したりして、身体に負担をかけることになります。

滅菌、殺菌とすべての菌をなくそうとする現代人の考えと違い、本来、動物(私たち人間も含め)にとって菌は免疫力を高めるために有益なものでもあるのです。さらには本当に重要な栄養素は加熱によって失われてしまいます。

健康維持に必要な多くの酵素、アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン・ミネラル、さらにはプロバイオティクス(犬のからだに良い影響を与える微生物)などはすべて熱に弱いのです。

現在、犬のごはんとして主流であるドライフードは高温で焼き上げる加熱食品です。非常にこだわったメーカーのドライフードとなれば加熱加工により失われる栄養素の大切さを熟知しているため、加熱加工後にフードの温度が下がってから合成サプリメントという形で熱に弱い酵素や乳酸菌などを添加します。

しかし、加熱食を摂取し、サプリメントで栄養を補う…。これこそまさに人間の現代食と同じではありませんか?

このことは人間と同じ生活習慣病ともいえる現代病(ガン・心臓病・肥満など)に苦しめられている犬猫が増えてきていることに大きく関係しているのでは?とベルク帝塚山は考えています。

 

生の食事がもたらす恩恵とは

ご飯を生食にされている飼い主様の声

★歯垢がつきにくくなり、歯石が出来にくくなった!

★排泄物のニオイが減り、小さくて硬めの便になった!

★ぽっちゃりからマッチョへ!大変だったダイエットに成功!

★皮膚のトラブルが改善し、毛並みも見違えるほど良くなった!

★おいしそうに喜んで食べてくれます!食い付きバツグン!

どうですか?『本当に!?』と思うかもしれませんが、これは実店舗でのお客様のお声です。

 

当店ベルク帝塚山の愛犬も今年で18歳ですが、慢性的な耳のトラブルも治り、とても元気です

ドライフードを与えていた時は、耳の腫れや汚れがひどかったのです。それが、今は見違えるようにキレイになりました。

もっと若いときから与えていれば…と今では少し後悔しています。(追記:はっちは2013年8月25日に亡くなりました。可愛がって頂いた皆様、ありがとうございました。)

今となっては、お会いいただく方皆様が『若いねぇ~。17歳には見えないよ。』とおっしゃってくれるので鼻高々です。
そして、『やっぱり、良いご飯与えているの?』と聞いてくださいます。

そんな時、『ハイ、ご飯はやっぱり自分が1番良いと思うものを与えています。』と自信を持ってお答えします。

さらに、愛猫ぼくじゅも生食ですが、ウンチの臭いが全くといっていいほど無くなり、被毛もピカピカ、高級カーペットのようになりました(笑)。体臭も全くありません。

 

愛犬 はっち

愛犬 はっち MIX 18歳 (2012年現在)

愛犬はっち

愛犬 はっち MIX 18歳(2012年現在)

健康は食事から

これからは『生食』が主流となっていくとベルクは確信しています。

自分でご飯を選べないワンちゃん、ネコちゃんの健康のためにも、ぜひお試しいただきたいです。
今まではワンちゃん、ネコちゃんのご飯は保存性や与えやすさを重視したドライフードが主流でしたが、これからは『生食』が主流となっていくとベルクは確信しています。

 

ベルクおすすめ生食ラインナップ

 

 

生食についての不安を解消! ~よくあるご質問~

いくら健康に良いといっても生の食事には飼い主様にとっては色々と不安がつきもの…。
そこで、よくあるご質問をピックアップ!


  • Q.生の状態で与えて、バクテリアや雑菌の心配はないの?

もちろん、お肉自体が新鮮であることが重要ですが、犬や猫は私たち人間より胃酸が強く、腸も短いため、少々の菌であれば悪さをされるよりもはやく体外に排出します。そういったシステムを備えています。そして、生きたバクテリアが全て悪い菌ではなく、犬や猫にとって免疫力を高める為に必要なものもありますのでご心配はいりません。しかし、人間に有害なバクテリアの繁殖を防ぐため、生食フードを取り扱う前後には、人間の食用の肉を扱うのと同様、手や食器などは常に清潔に保つよう心がけて下さい。

 

  • Q.初めて生食にチャレンジするけど、どうやって切り替えるの?

愛犬や愛猫が今まで一度も生の食材を食べたことがなく、ドライフードや加熱食で慣れてしまっている場合は急に食べると、胃腸が生の食材に慣れていないため、下痢や軟便になる可能性がございます。でも、心配ありません。ここでは、安心してスムーズに生食に切り替える方法をいくつかご紹介いたします。切り替える方法は、ここで挙げるのはほんの一例にすぎませんが、愛犬・愛猫に一番合った方法をお選びいただき、お試し下さい。

 

安心してスムーズに生食に切り替える方法

  • 今までのフードを少し減らし、その減った分を生食に替えてください。犬の体調を見ながら生食の割合を増やしていき、2~3週間かけてゆっくり100%生食に切り替えていきましょう。もっとも自然な流れで切り替えやすいと思われます。
  • 加熱した手作り食を与えている場合は、最初生食に軽く熱を通して(ジップロックなどに入れて湯煎をするなど)レアの状態で与え、少しずつ生食に慣らしてください。心配な場合やお腹の調子が整わない場合はしっかり加熱するところから始めて徐々にレアにしていってもかまいません。しかし、上記のとおり、加熱をするということは生食の最大の利点を失うことになるのでその点だけご注意ください。
  • 今までのフードを最後に与えた後、12時間ほど経ってから、一気に生食に切り替えていただく方法もございます。プチ断食後に与える形になります。生食は、一般のドライフードなどよりも消化しやすい食事ですので、一度に切り替えても問題はありません。実際行うとすれば、最もシビアな方法になりますので、お腹がデリケート、あるいは神経質な子にはあまりおすすめではないかもしれませんが、生食の切り替え方法としてはより正しい方法かと思われます。
  • さらには与える前のクッションとして酵素や乳酸菌が豊富なグリーントライプを与える方法もございます。最後に今までのフードを与えてから12時間以上あけて、これから切り替えるご予定の生食に『K9ナチュラル フリーズドライグリーントライプ』を少しトッピングしてください。約1週間続けた後に完全に生食に切り替えてください。(※デトックスの作用が働くため、下痢を起こす可能性もありますので、ご注意ください)切り替え方法としましてはデリケートな子のお腹のケアもしつつ、栄養面でのプラスαが大きいため、お手間がかかるかもしれませんが、この方法が当店では最もおすすめの切り替え方法です。残ったグリーントライプは、栄養面でも優れているため、サプリメント感覚で切り替えが終わった後も少量混ぜて与えていただくことをおすすめします。

 

 

 

お気軽にご相談ください。TEL:06-6628-8000

犬・猫の本来の食事、『生食』。毎日の食事として続けて与えていただくことで、きっと良い意味で身体の変化に気づいていただけるかと思います。

⇒『生食』についてのご質問・ご相談はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 

ページ上部へ