ホーム>K9ナチュラルの与え方

K9ナチュラルの与え方

K9ナチュラルの正しい与え方

K9ナチュラルの与え方は、フリーズドライなので、とても簡単で便利です。
食事を与える前に、愛犬の体重をはかり、適切な1日の食事量を確かめましょう。
「給与量ガイド」を使えば、毎日、愛犬にどのぐらい与えればよいのか簡単にわかります。

愛犬の適正な給与量を知りましょう

 

体重をはかる

愛犬の体重をはかり、給与量ガイドに従って、愛犬の適正な、給与量を調べましょう。

フードを量る

同梱の計量スプーンやカップまたは、スケール(はかり)を使い愛犬の給与量分のK9ナチュラルフリーズドライフードを食器に入れます。子犬やシニア犬の場合は、特にこの時点であらかじめ粒を細かく砕いておくことをお勧めします。

フードを加える

給与量ガイドに従った分量のお水、またはぬるま湯(37度以下)を加えて、かき混ぜ、できあがり。

できあがり

新鮮な生食と同様の栄養や酵素、水分を摂ることが、できます。

 

愛犬のための給与量ガイド

愛犬の適量が簡単に調べられます

K9ナチュラルがお勧めする適量の給与量は、皆様がドライフードや缶フードを与えている量よりも、少ないと感じられるかもしれません。しかし、大切なのは、量ではなく質です。適切な量のK9ナチュラルで、必要な栄養素とカロリーを十分摂ることができるので、ご安心ください。愛犬が痩せ過ぎてしまったという以外は、「もう少し、あげたい」という誘惑に負けないようにしてください。

給与量の計算例

例)体重4kgの健康的なミニチュアダックスの場合 ⇒ 体重の3%が給与量となります。

K9ナチュラル

※フード「1」に対し、水またはぬるま湯「3」の割合が目安となります。
※フードに同梱されている計量スプーンでは「すりきり1杯=約15g」です。

給与量ガイド

初めはスケールを使って、計ってください。成犬の標準的な1日の給与量は、水で戻した状態の量が、体重の3%としてます。その量の3分の1がフリーズドライ状態の量になります。あくまで目安のため、愛犬の状態(身体の肉付きや便の状態など)に合わせ、3%と決めつけずに調整してあげてください。

 

 

給与量の目安

 

種類      犬の体重(kg)      フードの量(g) 戻すのに
必要な水の量(ml)
小型犬 1 7.5 22.5
2 15 45
3 22.5 67.5
4 30 90
中型犬 5 37.5 112.5
10 75 225
15 112.5 337.5
20 150 450
大型犬 25 187.5 562.5
30 225 675
35 262.5 787.5
40 300 900

愛犬の状態に合わせて、増やしたり減らしたりしてください

 

増やして下さい

減らして下さい

犬の状態に応じて、給与量を以下の割合で調整してください

健康な成犬 1日あたり体重の2%~4%の量。(標準は3%)
太り過ぎの成犬 1日あたり体重の2%の量を健康的な体重になるまで。
子犬 1日あたり体重の10%~15%の量。これを生後6ヶ月になるまで、3回に分けて与えましょう。
生後12ヶ月までに、少しずつ量を減らしながら、体重の3%になるようにします。
シニア犬 1日あたり体重の2%~3%の量。

※ 犬が必要とする食事の量は、個体によりそれぞれ異なります。愛犬の体重変化を観察しながら、給与量ガイドを目安に運動量や生活環境を考慮し、適切な量を与えてください。

 

 

生食への切り替え方法

K9ナチュラル・ニュージーランド本社では、今までのフードを最後に与えた後、12時間以上経過してから、一気に切り替えていただくことを推奨しております。少しずつ替えていく方法ですと、適切な量を与えることが難しくなり、栄養のバランスが崩れる可能性が出てくるという理由があるためです。 ただし、生食が初めてで胃腸がデリケートなワンちゃん・ネコちゃんの場合は、今まで食べていたフードと半分ずつにすることから始めて、1週間~10日間かけて徐々にフリーズドライフードを増やしていきながら、完全に切り替えてください。また、この場合、K9ナチュラル・グリーントライプを少しトッピングしてあげることもお勧めします。また、便が硬すぎる場合は、オリーブオイルをフードに少したらして与えてみてください。

 

 

20166815215.jpg

▲ K9ナチュラルのご購入はコチラ

 

ページ上部へ