ホーム>犬にとって理想の食事とは

犬にとって理想の食事とは

犬にとって本来あるべき食事とは?

ベルクの考える、パートナーにとって理想の食事とは?

ベルクが考える理想の食事とは、新鮮な生の(加熱・加工のしていない)食材を摂ることです

理由は生物が生きていくために最も必要な酵素が生の食物には存在しているからです。

その酵素だけじゃなく、乳酸菌やビタミン・ミネラルも熱には弱いだから非加熱の生の食事が理想です。生食のもう一つの利点は歯石が付きにくくなるということです。加熱や加工した食品はどうしても食べカスが歯に詰まります。我々も焼肉やスナック菓子を食べると歯にたくさん食べカスが付いて気持ち悪いですが、お刺身や生のお肉を食べた後は気にならないと思います。食べカスが付くのは熱によってタンパク質が変性してしまったことが原因です。

また、生食には乳酸菌が含まれていて口内環境を良くするために一役買っているようです。野生動物が歯石まみれというのは聞いたことがありません。新鮮な生の食材を食べているからです。野生動物にとって歯は命ですから。

そこで、Bergがもっともオススメする愛犬のためのごはんは…

 

K9 Natural

     Bergオススメ穀物不使用フリーズドライ生食
      『長期保存できる生食K9Natural』

ディアラロゴ

     Bergオススメ穀物不使用冷凍馬肉
      『安心・安全、究極生馬肉ディアラ』

 

 

そして愛情の込もった手作り食というのも、もう一つの理想の形です。

しかし、手作り食は非常に安心できますが、栄養バランスから食材の調達までオーナー様の負担はかなり大きなものとなってきます。

ですので、『市販のフード』の観点から理想の食事を考えることにします。

まず、『わんちゃんやねこちゃんの身体(特に消化機能)は人間とは異なるものだ』ということを理解することがもっとも重要です。我々人間と違い、肉食動物である犬や猫は炭水化物を十分に消化できません。炭水化物は口腔内で咀嚼(噛む)時に分泌される唾液に含まれる酵素(アミラーゼ)によって分解され、糖質としてエネルギー源となる栄養素です。元来、犬猫などの肉食動物は鋭くとがった歯によって肉などを切り裂いて飲み込むという食性のため、口の中における炭水化物の消化は期待できません。

つまり、犬猫はお肉などのタンパク質の消化はできても、穀物などの炭水化物の消化は苦手なのです。しかし、炭水化物にも栄養はしっかりあります。与えるならば、アレルゲンとなりやすいグルテンの少ないカラス麦や大麦(精製されていない全粒のもの)、大豆であれば豆腐や納豆のように消化されやすい状態になったものを与えないといけません。ただ、そこまでして穀物を与えなくても良いとも思いますが…。

従来のドライフードは、ビジネスのために保存の効く安価な穀物(小麦、とうもろこしや大豆など)を使用し、数値だけを栄養学上しっかりしたものにしていますが、その受け皿の原材料はというと;我々でいうところのスナック菓子のような原材料です。そして、食い付きを上げるために、揚げ物の廃油などを再利用し、その質の悪い油を酸化させないために発ガン性の恐れがある化学保存料を使用する。

悪循環です。これで病気にならない訳がありません。

 

エサとして考えられてきた従来のフードと全く違う発想でつくられた健康ごはん、それがベルク帝塚山がオススメするフードです!

もちろん、発ガン性の恐れがある化学保存料や着色料などは一切使用していません。


 

では肉食動物は本当にお肉しか食べていないのでしょうか? 答えはNOです。

よくテレビなどでもご覧になるかと思いますが、彼らが狂ったように真っ先に食べるのは襲った草食動物の胃です。
お肉からがっつけば良いのに、どうしてなんでしょう?

それは、草食動物の胃は栄養価が高く、その中に消化途中の草や果物が酵素や乳酸菌、消化液とともに含まれていて、
その内容物こそがこれから食事するお肉を効率良く吸収するために必要であることを彼らは本能的に知っているのです。

その草食動物の胃をトライプといい、未漂白のものはグリーントライプとして肉食動物の犬にとっては本能が求める健康食として注目されています。

犬が本能で求める健康食、『グリーントライプ』って何?

グリーントライプとは草食動物の胃のこと

  • 健康にもとても良い本来の食事ともいえます。
  • その食性に着目したドッグフードもあります。

2015111910552.jpg

 

 

 

 

 

 ▲  詳しくはコチラ

肉食動物はお肉の消化が得意だから肉食動物なのです。しかし、お肉だけだと栄養バランスが崩れます。
そのため、草食動物の胃、トライプを食べるのです。

そして食物連鎖では草食動物の上に存在しています。うまく成り立っているものです。じゃあ、その草食動物の胃を本来肉食のわんちゃんに与えるとどうなるでしょう?答えは言わずもがなです。バツグンの食いつきです!

 

1.グリーントライプを配合したドッグフード

 

 

本能で求める健康食『グリーントライプ』をぜひ、愛犬の健康のために普段の食事に取り入れてあげてください。

 

 

 

最後に…

わんちゃん、ねこちゃんと一緒に暮らす、そして可愛がる、ということは我々人間と同じ生活を与えるということが正解ではありません。
犬猫と人間は違う生き物であり、本当に彼らを幸せにするためには、食事に限らず、彼らの生態をよく理解することから始めないといけません。人間にとっての幸せを押し付けることは、実は彼らにとってはつらいものかもしれません。

これまで私も溺愛が生む悲劇をたくさん見てきました。その分かりやすい例として挙げられるのが肥満や皮膚病でしょう。
ねこちゃんは比較的まだ本能が強いですが、わんちゃんに至ってはオーナー様の行いのすべてが彼らの人生(犬生?)を大きく左右します。
今からでも遅くありません。本当に大事なことを全体的に見直してパートナーとの生活を改善していきましょう!!

 

2013123194022.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ